人にリアルで話すことの大切さ

社長

僕は毎月カウンセリングに行っており、今日はその日でした。
1カ月も過ごせば、その月に溜まっている不安や悩みは出てきます。それを吐き出す場にしています。
カウンセリングして下さる方は、プロの方なので、認知行動療法を使って、その悩みについてアドバイスを頂けます。

その時から自分の認知や行動を変えるためにアクションを変えていきます。すると、自分が強くなった気がするんですね。自己肯定感が増すんです。
プロと話をすることは費用がかかることですが、誰とでもいいので、毎月定期的に悩みや不安は吐き出せる場を作る事は大切だなと思います。今はなかなかかなわないですが、リアルで。その方がお互い、より親身になりやすいと思いますんですね。
”毎月カウンセリング”実行してみてはいかがでしょうか。


そのような経験もあるので弊社では、メンターと月1以上話せる環境を無理にでも作ってます。話すことがなくても、話し出すと打ち明けれなかった悩みの話も自然に出てくるものだと思います。

<ホワイトSES②>不安はメンターに話して解消【サポーター制度】

【ホワイトSES②】不安はメンターに話して解消<サポーター制度> | ホワイトSESとしての取り組み
会社として取り組んでいる施策の1つ、【サポーター制度】について紹介します。常駐先の人にはよくしてもらっているがつい疎外感を感じてしまうなんてことや、自分のなりたいエンジニア像に近づいているのか不...
タイトルとURLをコピーしました