無感情

メンタルヘルス

普段、「快」を求めて、「不快」を避けるという人々が多いと思います。いわゆる、白黒思考。「良い」か「悪い」か。の判断。仕事や生活の所々では、このような思考も大切だと思いますが、このような考えばかりしていると疲れてはきませんか。特に「一喜一憂の幅が大きい」方は気持ちの揺れ幅が大きく、休まることもできないのではないでしょうか。

そこで、「無」の境地を作ってみてはどうでしょうか。「無感情」です。気持ちはニュートラルで、快でも不快でもない感情です。よくいわれる「瞑想」をしている状態に近いと思います。肩の力や全身の力も抜き、リラックスしている状態を作ります。

心が強い人は、意外にこの「無感情」を意識している方が多いのではないでしょうか。起こる出来事にいちいち反応をすると誰でも疲れてきます。手を抜くところや、大切ではないことは、そっと力を抜いて「無感情」でいる姿勢も大切ではないでしょうか?心の健康のためにも取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました