コロナに罹って思うこと

社長

事務所に向かっている時、違和感を感じた。
喉が痛くて、寒気がする。疲れが溜まっているだけかなと思い、そのまま行き先に向かった。

仕事をしている時も、寒気と闘いながらの作業だった。真夏なのに、ジャケットを来て丁度いい。
鈍感なのか、この時もまだ気づいていなかった…。

帰宅後、いつもの頭痛薬を飲んで、早めに寝ることにするが、なかなかの寒気。
真冬並みに布団を掛けて寝ていた。明日起きて治ることを期待して。

翌朝、早朝4時くらいだったか。汗びっしょりのまま起きたのだが、寒気とのどの痛みが半端ない。
この時に気付いた。これは、コロナかもしれないと。
急いで体温計を出して、熱を測る。体温計もずっと使っていなかったし、電池も切れかけ。

体温を測ると、38.5度。これを見た時に、確証した。コロナだ。
ということで、ネットで調べて、#7119に電話をすれば良いとのことで、電話をしてみた。
ひとまずPCR検査をしないと。5つくらい病院の候補をそこからもらったが、なんとそのうち4つが、
お断り。熱がある方のPCR検査は受け入れられないし、救急受付もできないと。。
唖然とした。体調が悪いのに、受け入れ先がない。焦ったし、社会の有り様を感じた。

幸運にも最後の1つの病院だけ、受け入れをしてもらえた。
もうすでに、歩くこともままならないくらい、体中が壊れていた。
その病院は、最寄り駅の一つ先の駅だ。遠い。しかし、受け入れ先がそこしかないのなら、行くしかないと、本当に体を奮い立たせて、病院に向かった。

病院に着くと、緊急で駆け付けたせいもあり、結構待たされた。その間、椅子に座る事もきつくて、
地面に倒れ罹っていた。どのくらい待ったか。もしかすると、そんなに長くないのかもしれないが、
その間は地獄のようだった。

PCR検査実施。結果は2日後くらいだと。それまでは、自宅待機しておいてくださいとのこと。
解熱剤ももらった。
帰りの時は既に体力がほぼなくなりかけていた。最後の気力を振り絞り、自宅に戻った。

解熱剤のおかげか、熱が少し収まり、気分が幾分楽になった。
この日は、まだ仕事をしていたので、休み休み、パソコンに向かった。

それから、2日後、コロナ陽性との電話が入ってきた。
そこからは、会社や知人に連絡をして、状況を伝えた。
幸いなことに、心配をしてくれる方が居て、食料の買い物もして下さった方もいた。見守りとして連絡を絶やすことなく、し続けてくれた方も居た。

辛い時に、見守ってくださる方がいるのは、本当にありがたいことです。
そして、すごく心も暖かくなりました。

解熱剤と周りからの支援もあり、体調も戻っていった。終盤辺りは、味覚・嗅覚障害があり、
匂いがしない、匂いがしても変な味覚になっている症状が続き、後遺症が続くのか。と
思っていたが、自宅待機の期間が終わって、2日後くらいにはもとに戻っていった。

コロナに罹って一番に思うことは、

当たり前なことが如何に幸せだってこと。

です。朝、無事に起きれる。朝ごはんを味わうことができ、外の空気も吸える。
仕事ができて、友達や知人と会話ができ、お風呂にだってゆっくり浸かることができる。
晩酌をしながら、会話を楽しむ。そして、好きな音楽を掛けながら、ベッドに入れる。

コロナになっている時は、これがままならなかった。

健康でいることが何よりの幸せ。

今できている当たり前のことを、幸せだと感じることができれば、
それだけで人生が幸せだって感じたりしませんか?

今できていることを幸せに感じてみようと常日頃から思うようにしたいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました