発達障害と起業への想い

経営

発達障がいを持っている方は、うつなどの精神疾患の合併や、
引きこもりなどの社会との不適応を引き起こしやすい傾向があると言われています。
発達障がいの人がもっている問題の一例として、
対人関係やコミュニケーションに問題を抱えたり、
落ち着きがなかったり、仕事や家事をうまくこなせなかったりと、人によって症状はさまざまです。
この結果、周りの健常者とうまく合わず、うつや引きこもりになっていきます。
また、人から言われた何気ない一言に傷つきやすかったり、
落ち込みやすいところもあります。
本人やその家族は、発達障害と生涯付き合っていかなければいけません。そのため、しっかりと発達障害に向き合っていくことが大事です。
それぞれの特性を家族や周囲がよく理解した上で、
適切に本人をサポートしていく必要があります。
しかし、発達障がいには、他の人にはない尖った強みを持っています。
こだわり、興味のある分野には強い、コツコツと作業が得意、
アイデア・発想力が良い、行動力があるなど
人によってそれぞれ異なります。
START&ACTIONは、発達障がいが持っている弱みをカバーし、強みを生かし、一人ひとりにあった仕事を提供していきたいと考えています。
また、弊社では「認知行動療法」を使い、社内カウンセリングも検討しています。
START&ACTIONは、発達障害、うつ病、引きこもりだからできる会社をめざします。
発達障がいは、他の人にはない素晴らしい能力を持っている。
それを活かせば画期的なものを作ることができる。
だからこそ、精神障がい者雇用を積極的に行います。
この理念に共感できる方や企業様がいらっしゃいましたら、
お問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました